施術内容と流れ

1.初回は問診票に書き込みいただき、カウンセリング(問診・弁証)を行います。

二回目以降も前回施術後の経過と現在の調子からうかがっていきます。

まずは改善したいポイント、お悩みの症状などをなるべく詳しくうかがっていきます。同時に脈診、舌診をして内臓の状態をみます。

 

直接おからだの症状に関係ないように見えることも伺うことがあります。心と身体の働きは関連しあっていますので、内面的な姿勢や習慣、そこから来る生活習慣などが要因となっていると観るためです。


要因に気づくことで対処や治癒が非常にスムーズになり治療効果を促します。


内面的な問題(感情の乱れ、怒りや悲嘆、不安感、イライラ感、精神的疲労、神経過敏、倦怠感、抑うつ、落ち着かなさ、など)の緩和、安定などもルーアの得意とする分野です。どうぞご遠慮なくご相談ください。


2.こちらでご用意した楽な鍼用の衣服に着替えていただきます。

上下に分かれた鍼用の衣服です。清浄さに留意し大切にご準備しております。服装のご心配なく安心してお受けいただけます。


3.施術用ベッドに仰向けまたはうつ伏せになっていただきレイキのヒーリングエネルギーを流します。

全体のオーラの浄化をします。さらにチャクラの状態から心身のエネルギーのブロックやアンバランスをみつけて整えます。


全身を触診し、どこにエネルギーの過不足、滞りがあるのかを探っていきます。


必要を感じたときには、心身のエネルギー状態をお伝えします。ヒーリングエネルギーの心地よさの中でゆったりとリラックスしていただけることと思います。

4.はり、きゅう、推拿、整体、レイキを使います。

はり、きゅう、推拿、整体、レイキを症状にあわせて施術を行っていきます。

施術しながら更にカウンセリング(問いかけ)をさせていただきます。キネシオロジーやオーリングテストのように、心に問いかけ、おからだの反応を確かめながら施術いたします。

からだは嘘をつけませんので、潜在意識にある想念(思い)をなんらかの形で表出しています。

潜在的な想念(ストレスの元となっている無意識の思い込み)に気づくことができると、からだは防衛反応を解くことができ、治癒に向かうと考えています。

防衛が必要だとからだが感じている間は、fight or flight(戦うか逃げるか反応)状態にあるため、治癒モードに入ることができません。

想念が解放されると緊張が解かれてエネルギーの変化が見られ、心身の状態が変わるのです。その場で変化する症状と、時間とともに変化する症状があります。

5.施術後は今後の治療の方針や日常生活での留意点などをお話します。

お食事、行動と思いの習慣、ストレッチ、トレーニング、ご希望であればヨガ、瞑想などのアドバイスをさせていただきます。

こちらでおいしいお水を常温でご用意しています。施術後は体がお水を使うため水分補給が望ましいです。お飲みもを持ち込んでいただいても結構です。


6.ご予定がお決まりの方はこの時次回のご予約も承ります。

直接施術者にお申し付けください。オンライン予約のためのQRコードが印刷されたカードもご用意しています。お申し付けください。

7.よろしければご感想をお寄せください。

口コミサイト(Googlemap、しんきゅうコンパス、エキテンなど)にご感想をいただければ今後のために大変参考になり、また助けになります。更に同じ悩みをお持ちの方への助けにもなるかと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

全身調整について

鍼灸+推拿整体+レイキ+カウンセリング

ルーア独自の、進化し続けるセッションです。

私たちの心やからだ、家庭内や周辺に起こる出来事は、なぜそのように起こるのか。すべてには原因があり結果があります。
 
私たちはそこからなにに気づき、どう向き合っていけばいいのでしょう。その答えが心身の健全性、人生の幸せや目的につながっています。
 
心身に表れた症状をいかに捉え向き合っていくのか。症状をとるだけでは習慣から再び同じか、或いはなんらかの別の疾患が生まれます。
 
ルーアでは、ひとつの症状の現れからその方の全体性と向き合って、症状の改善に努めます。
 
症状は一見同じでも、私たちひとりひとりの体質や状態は千差万別です。その方の体質とその日の体調に合わせ施術をいたしますので、やり方は毎回変わります。
 
例えばPMSが主訴で通っている方が、今朝から風邪っぽくてイライラだけでなく悪寒もあるという訴えがあれば、風邪の治療を含めPMSの治療を行うことができます。ですから一つの症状の改善のために受けているうちに別の様々な状態が改善することがよくあります。
 
また、特に不具合のない健康な状態でお受けいただけば、土台である体質の改善や健康維持、さらにエネルギーの浄化やチャージを行うことができ、アンチエイジングや美容などにもお役に立ちます。
 
最近では、ご自身では気づきにくい改善点などのチェックのためにいらしてくださる方もいらっしゃいます。
 
定期的な心身のケアにも大変お勧めです。 

鍼灸について

鍼灸・はりきゅう・針灸とは

日本では国家資格を有する資格者だけが行える施術で、中国の歴史ある医学です。当院では中医学に基づいた医学理論から弁証しています。

鍼灸というと多くはぎっくり腰や肩こりなどからだの故障への処置が知られていますが、中医学は心身のあらゆる不調和を網羅し、重篤な病から未病といわれるものにまで対応できます。

鍼灸師のなかでも中医学を学び指針としている施術者は少数のようです。(中医学関連キーワード:陰陽 五行 太極 道教 タオ 黄帝内経など)

また症状だけを診る西洋医学とは違って個々それぞれの体質と起こっている状態との関連を見ながら、施術の方針を立てていきます。

おおまかに言えば、からだのエネルギーのどこが余分でどこが滞りどこに足りないかを見極めます。それに対して過不足が無くなるよう、また滞りを流し、からだがバランスできるようにしていくのです。

自然治癒力が上がり、免疫力が整い、生命力が活性され、うちなる源としっかり繋がった状態へと導いていきます。

弁証

弁証とは四診(望診、聞診、問診、切診)を併せて病態を診断することです。
そして弁証には八綱弁証、臓腑弁証、経絡弁証、六経弁証、衛気営血弁証、気血弁証があります。

四診

四診とは望診、聞診、問診、切診の四つの診断法です。


望診

全身、顔色、舌、爪、髪、皮膚、経穴、身体の動きなどを目で見ます。
 
患者さんが部屋に入ってきた時点で望診は始まっています。
歩き方、立ち方、扉の開閉の仕方、靴の脱ぎ方、挨拶の仕方、座り方などで全身の動きを見ます。
 
顔色は五臓六腑の状態を表します。
色、艶、油、毛穴、化粧のノリ具合などを見ます。
 
※より詳しい説明はこちら(ブログ『あなたに合った治療法』のページへとびます)

舌は身体の虚実寒熱を表します。
舌の動き、色、舌苔、潤い具合、舌下静脈などを見ます。

※より詳しい説明はこちら

爪の縦横の線は五臓六腑の異変を表します。
色、もろさ、ささくれなどを見ます。

※より詳しい説明はこちら

髪は気血の盛衰を表します。
質、色、量などを見ます。

※より詳しい説明はこちら
 
皮膚は肺の状態や気血の盛衰や精神の過敏度を表します。
色、艶、油、毛穴などを見ます。
 
そして中医学において最も大切なのがその人に神が宿っているかどうか。
それはその人の存在感または眼に表れます。

聞診

声、呼吸などを耳で聞く。
 
声は五臓の状態を表します。
声の高さ低さ、大小を聞きます。
 
呼吸は乾燥や痰湿を表します。
呼吸の音を聞きます。

問診

会話を通して既往歴、現病歴などをうかがっていきます。
 
この問診と同時に望診、聞診も繰り返し行っていきます。

切診

脈、腹、経穴、全身を触っていきます。
 
脈は五臓六腑の状態、気血の盛衰を表します。
脈の速度、数、形状を診ます。
 
手首、足首、頚、足背の脈をそれぞれ併せて診ます。
 
腹は五臓六腑の状態を表します。
力の有無、硬さ、温度、皮膚の状態などを触っていきます。
 
経穴は身体の虚実を表します。
経穴の陥凹、発汗の有無、圧痛などを探ります。

八綱弁証

八綱弁証とは、病の性質や部位が表裏(病邪が浅いところにあるのか、深いところにあるのか)、寒熱(病邪の性質が寒性なのか、熱性なのか)、虚実(正気が足りないのか、過剰なのか)、陰陽(陰は裏寒虚、陽は表熱実に属す)の何を表し何処に属すのかを解明するものです。

臓腑弁証、経絡弁証

臓腑弁証とは、病変部位が五臓(肝、心、脾、肺、腎)六腑(胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦、心包)のどこにあるかを判断する方法です。
経絡弁証とは、疾病が十二経脈(肝、心、脾、肺、腎、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦、心包、それぞれに経絡があります)のどの経絡にあるかを判断する方法です。


上記の情報を統合し、最終的な弁証をします。その弁証に基づき経穴(ツボ)を選穴、配穴します。

気の通り道である経絡とその中の重要ポイントである経穴(ツボ)に、はり・きゅうを施すことでエネルギーの流れを整え、自然治癒力を高めて回復を促します。

また、健康な人が受ければさらにエネルギーを高めチャージすることで、リフレッシュ健康維持アンチエイジング美容にも役立ちます。

さらに継続した施術では体質改善も可能です。

筋肉のこりや疼痛だけではなく内科疾患、生活習慣病不定愁訴(情緒不安、うつなど)不妊治療にもお勧めです。

推拿(すいな)整体について

「推」には押す「拿」にはつかむの意味があります。推拿は中国式のクリニカルマッサージです。

中医学の経筋という概念を用いた整体です。

経筋とは、経絡に栄養される12本の筋肉の連続体です。1本の経筋の中に複数の筋肉が含まれ、その複数の筋肉が合わさってその経筋特有の動きを行います。それぞれ特有の動きを行う経筋が12本合わさって人間の複雑な運動を可能にしています。

12本の経筋はそれぞれに対応する内臓につながっていますので、内臓の変化を知ることができ、内臓の調整を行うことができます。

これまで筋肉は、個々の筋肉が個々の筋膜に覆われ、それぞれ独立した筋肉として見られてきました。近年、解剖の精度の向上により、個々の筋肉を覆う筋膜とさらに複数の筋肉を覆う筋膜があることが発見されました。
その複数の筋肉を覆う筋膜を見てみると、驚くほど経筋に近いものでした。これにより経筋の実在が解剖学的に証明されました。

経筋は、中医学では自然な概念でしたが、西洋医学からみても説明のできる概念となりました。

当院ではただ筋肉をマッサージするだけでなく中医学に基づいて、経筋経絡を整え、西洋医学に基づいて、筋肉リンパを整えエネルギーが正常に流れるように手技を行います。

解剖学、生理学を本格的に学んだからこそできるクリニカルマッサージで深部まで整えます。

全身調整にはこの推拿整体が含まれています。

鍼灸と組み合わせることで回復をさらに助け、またレイキヒーリングと同時に行うことでエネルギーの周波周を整え心身や脳内を非常にリラックスさせます。

リラックス治癒力アップの基本であり、脳内の深いレベルでのリラックス(α波、Θ波が出ている状態)は健康のあらゆる面に対して重要です。

レイキヒーリング

について

大正時代に日本で発明され、ハワイから世界へ広まったエネルギーヒーリングの楚です。臼井甕男氏に由来し、臼井レイキの名前が元祖です。

施術者の手、もしくは意図を通じて宇宙意識の生命エネルギーを受け手の心身およびサトルボディに導くヒーリング技術です。

私たち人間は、原子(電子)の特定の振動によって成り立っている存在ですが、これらのヒーリングは非常に高く精妙な、高次元と言われる特定の波動でその意識とからだ、エネルギーそのものに働きかけます。

肉体やサトルボディ、チャクラとオーラ、エネルギーフィールド全体を活性化し、潜在意識の浄化を行って、私たちの本来の内なる自己・魂とつながり、自己成長を促して肉体・精神の癒しを加速すると言われています。

レイキはアメリカでは癌などの最先端医療や軍での医療に取り入れられ、イギリス・オーストラリア・ドイツ・オランダ・オーストリアでは医療保険が適用になるほど世界に支持されているヒーリングです。

当院での全身調整・推拿整体のセッションにはレイキヒーリングが含まれています。人間の顕在意識を超えたレベルでの深い癒しをご体験ください。

解剖学・生理学・中国医学に精通した資格者である鍼灸師が行う、単なる手当て療法とは異なる施術をご提供しています。

当院のレイキヒーリングは、すべてのヒーリングの基礎である臼井レイキ、そして強力なグラウンディングとクンダリーニエネルギーを活性するクンダリーニレイキ、そしてすべての発展系レイキの中で最高波動帯域を凌駕するライタリアンレイキのマスターティーチャーである施術者が、それらのすべてを統合し磨きをかけたエネルギーを使っています。

レイキ・ヒーリングにご興味のある方にもお勧めします。

ご希望があれば、レイキヒーリングを重点的に行うこともできます。

また、特に心、意識の面に関してエネルギーリーディングをしながらのレイキヒーリングをお求めの方、手技なしにヒーリングだけをお受けになりたい方はRUACH心のセラピストAZU(アズ)のレイキヒーリングセッションをお選びください。
 
※レイキヒーリングは医療行為ではありません。
※副作用のない、安全な癒しのエネルギーですが、特定の効果をお約束できるものではないことをご了承ください。 

症状別 効果の事例

これまで取組ませていただいた事例です。
その他の症状についてもご相談ください。

不眠 
鬱 
頭痛

生理痛 
生理不順 
PMS(生理前症候群) 
不妊症 妊娠促進
出産後のケア
更年期
その他不定愁訴

自律神経失調症 
感情の乱れ 
イライラ 
不安感 
悲嘆 
パニック障害

喘息 
顔面麻痺 
胃痛
腹痛 

冷え性 
むくみ 
めまい 
のぼせ

内臓疾患 
生活習慣病

便秘 
風邪 
慢性の症状と痛み

関節痛 
慢性疲労 
寝違え 
捻挫 
ぎっくり腰 
腰痛 
しびれ

突発性難聴 
耳管開放症
耳鳴り

変形性股関節症
椎間板ヘルニア
頸椎ヘルニア

高齢者のADL(日常生活動作)の向上 
寝たきりの予防 
認知症などの予防


癌の疼痛緩和 
リウマチ
筋ジストロフィーの方の健康管理

健康維持 
健康増進 
虚弱体質 
疲労回復 

アトピー性皮膚炎
アレルギーなどの体質改善 
アンチエイジング 
美肌 
歪みの矯正・・・など。

なかなか改善しない症状、原因が不明の症状、お薬だけでは改善がみられない症状などぜひご相談ください。

推拿整体スクール

初級編/中級編/上級編


初級編

家族を癒したい、人が喜ぶ仕事がしたい、自分が幸せを感じる仕事がしたい、などとお考えのまったく経験のない方や、学び始めたばかりという方が、自信を持って人の身体を整えることができるようになる推拿(すいな)整体スクール初級編です。

推拿(すいな)とは中国医学に基づくクリニカルマッサージで、鍼灸、漢方と並ぶ中国の三大医学の一つです。

現役の治療院経営者で治療家の風間真吾(国家資格者・鍼灸師)が直接ご指導します。

少人数制(1~3名)で実践しながら的確に確実に身に付くよう学んでいただけます。

こんなことを学んでいただけます

・人の身体を整えることができる。

・身体について学ぶことで自分のメンテナンスもでき、自分の身体の状態も知ることができる。

・身体の構造やしくみがわかる。

・全て実技なので身につくのが早い。

・実技に必要な知識だけを教えるので無駄がない。

・筋肉、靭帯、リンパなど全て触りながら、または写真を見ながら教えるので理解できないということがない。

・筋肉を一つ一つ触って教えるので自分が今何をしているのかが明確にわかる。

・筋肉をどの角度でどの強さでどれくらい触ればいいのかがわかる。(多くの人はこれがわかっていません)

・カウンセリングの基礎も同時に身につく。

・禁忌事項も学べる。

・鍼灸、漢方、推拿の基礎である東洋哲学思想も学べる。(これを学べるところはRUACHだけかもしれません)

信州での1期生さんを募集中です。

沖縄でのスクールを終えてみてあらためて感じるのは、筋肉を個別に触ることの大切さです。
基礎の基礎とでもいいましょうか。
この基礎を飛ばして次はありません。
絶対的な基礎があれば施術の世界が広がります。
逆にこの基礎がなければ、どれだけ学んでもうわべだけの真似事になってしまうことでしょう。

推拿(すいな)整体スクール初級編ではこの筋肉を個別に触るということを徹底的に学んでいただきます。

第1期は4名の生徒さんに学んでいただきましたがみなさん触れるようになりました。

新しい世界へご一緒に踏み出しましょう。

中級編

中級編は初級編の知識と技術の応用になりますので、参加資格として初級編を受講してくださった方、もしくは筋肉の名前と起始停止がわかる方にさせていただきます。初級編を受講されていない方は知識の確認のために1度面談をさせていただきます。

中級編は、経筋(けいきん)という、経絡(気の通り道)に栄養される12本からなる全身を網羅する筋肉の連続体を使った治療法を学んでいただきます。

現役の治療院経営者で治療家の風間真吾(国家資格者・鍼灸師)が直接ご指導します。

少人数制(1~4名)で実践しながら的確に確実に身に付くよう学んでいただけます。

こんなことを学んでいただけます

・中国の伝統医学である経筋治療が学べる。

・経筋は全身を網羅しているので、全身を一つとして見ることができる。

・経筋は全身を網羅しているので、遠隔治療(ex腰痛を足の施術で緩和)ができる。

・12本の経筋の触り方や強さ、症状別の使い方がわかる。

・肩こり腰痛はもちろん、頭痛、不眠、腹痛などの難しい症状にも対応できる。

・硬結(こっているところ)を見つけることができる。

・硬結をほぐすことができる。

・実際に硬結がほぐれたかの判断ができる。

・なぜ硬結がほぐれたのかがわかる。

・なかなかとれない硬結がとれる。

・カウンセリングの基礎も同時に身につく。

・禁忌事項を学べる。

・鍼灸、漢方、推拿の基礎である東洋哲学思想も学べる。

受講生のみなさんの体験談をぜひご覧ください。

推拿整体スクールを受講して1
推拿整体スクールを受講して2
推拿整体スクールを受講して3